バレンタインデーに告白する高校生に贈る!想いを伝える効果的な方法! - NEW TOPIC BOX
当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。

バレンタインデーに告白する高校生に贈る!想いを伝える効果的な方法!

気になること

2月が近づくと、恋をしている女子高生たちはわくわくが止まりませんよね。

バレンタインは女性が気持ちを伝える特別な日です。チョコレートだけでなく、恋愛に一歩踏み出す人も多いです。

「告白は男性から」という考えがありますが、バレンタインデーなら女性からのアプローチもOKです!

実は、女性から告白されたいと思っている男性は意外と多いんですよ。

今の時代、女性から告白するのは自然なことです。プレゼントを喜ばない人はほとんどいませんからね!

ここでは、バレンタインデーに告白の成功率を高める方法をお教えします。

彼と2人きりで話す機会を作る

あなたと彼の現在の関係はどうですか?

知らない人からの突然の告白には驚かれるかもしれません。

「たまに会う」よりも「よく話す」関係の方が、相手を理解しやすく、意識しやすいです。

告白を成功させるためには、彼に注目されることが重要です。今まであまり接点がなくても、まだ間に合います。おしゃれをして、彼の心を掴みましょう。

ただし、さりげなくすることが大事です。あまり強くアピールしすぎると逆効果になることもあります。

彼と接する機会が多い場合、時には無関心を装うのも一つの方法です。そうすると、彼はあなたをより意識するようになるでしょう。

友達程度の距離感を保ちながら、服装や髪型、しぐさで彼の視線を引き付けましょう

告白する場所を選ぶ

人気の告白スポットには、図書室、音楽室、帰り道、駅、人が少ない教室などがあります。

教室は普段は人が多いので、放課後がいいタイミングです。放課後の教室には特別な雰囲気があります。

委員会活動や日直で彼が残る日を狙うのも良いでしょう。「放課後残ってほしい」とお願いすることもできます。静かな教室で2人きりになるのはドキドキします。

告白の約束は前日までに

約束の連絡をするタイミングは、前日の夕方がベストです。当日の朝だと連絡に気づかないこともあります。

連絡時には、渡したいものがあること、会う時間、会う場所を伝えましょう。

成功率を上げる告白の言葉

バレンタインの告白では、「好きです、付き合ってください!」とストレートに言うのが定番です。

定番以外のセリフについても以下でご紹介しますので、ご自身に合った言葉で告白してみてくださいね♪

「これは義理じゃないんだよ」という簡単なセリフ

これは、相手が義理チョコと誤解している場合に特に有効です。

言葉にするのが難しい時でも、この一言であなたの気持ちが伝わりやすくなります。

「ホワイトデーに返事聞かせて」と回答をほのめかすセリフ

「義理なら返事はいらないよね?」という方法で、相手にあなたの気持ちを間接的に伝えることができます。

このセリフは、相手があなたの気持ちを理解するためのヒントになります。

「失敗したチョコレートを男友達にあげた」という話

これは「あなたには特別なものを用意した」というメッセージを込めたセリフです。

手作りのチョコだけでなく、特別な思いを伝えるのに使えます。

バレンタインデー前日に「チョコを渡したい」と伝える

このセリフで、実質的な告白に近づけます。

これは直接的な告白よりも気軽に始められる方法です。

共通の友人を通じて相手を呼び出してもらう方法。

これは、直接的な告白が難しい場合に有効です。

義理ではないことが、呼び出された段階で伝わります。

同じ大学に進学することを願うセリフ

特に受験生に適した、学生ならではのロマンティックな表現です。

 

様々な告白のセリフやシチュエーションを紹介しましたが、一番大切なのはあなたの真剣な気持ちが伝わることです。

チョコレートは市販のものでも手作りでも、見た目よりも「好き」という気持ちが重要です。

恥ずかしい場合は手紙で告白するのも良い

言葉にするのが難しい場合は、手紙やメッセージカードで気持ちを伝えるのもおすすめです。

重要なのは、「返事を待っている」と伝えることです。例えば「ホワイトデーに返事をください」というように。

焦ってすぐに返事を求めないことも大切です。

まとめ

バレンタインデーの告白を成功させるためには、友達感覚の距離感を保ちつつ、ストレートに気持ちを伝えることがポイントです。

この記事を読んで勇気が湧いたら、試してみる価値はあります。

1年に1度のバレンタインデー、行動しない後悔よりも行動したことでの後悔の方が小さいものです。

緊張するかもしれませんが、あなたの想いが彼に届くことを応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました